石川コラム

カニをよく食べる石川県!毛ガニの毛と人間のムダ毛の違い

何でも好きなの食べてもいいといわれたら、何を食べるでしょう。いろいろ迷った末、カニ!という人も少なくないはず。カニを食べている時が、人生で一番幸せ!なんて人もいるでしょう。


カニは、お安くないものなのでなかなか食べられませんが、日本で2番目に食べている県が石川県です。※1位は、鳥取県。


カニの消費量(世帯)の全国平均が、742グラムのところ、石川県は、3,132グラム。平均の4倍以上食べていることになります。結構な量です。


まぁ、石川県は、カニがとれるから、消費量が多いともいえますが、漁獲量でいえば、北海道、島根県、兵庫県、新潟県の方が上です。


石川県は、カニがとれるし、カニが好きな人が多いといえるでしょう。


ちなみに、一番消費量が少ない県は、沖縄県。なんと199グラム。ほとんど、食べてない状態です。カニ缶クラス?他においしいものがたくさんあるので、カニは不要...ということなんでしょうか。


沖縄は、カニがとれないし、仕方がないか...と思ったら、沖縄でも一応カニ漁が、あるようです。北海道から沖縄まで、日本のまわりの海には、カニがいるんですね。


毛ガニの毛と人間のムダ毛の違い


カニといえば、毛ガニですが、毛ガニの毛はなんでついてるか知っているでしょうか。


普通、毛というのは、防寒やまわりの衝撃から体を守るために生えているものですが、カニは、あんな固い甲羅につつまれています。その理由ではありません。ではなぜ...という話ですが、


周囲の動きを感知するため


といわれています。毛が動くことで、水の流れがわかります。敵が近づいてきたときも毛で感知することができます。なかなか便利です。


だったら、カニは全て毛が生える進化をしてきそうですが、ケガニだけ、あんなに毛がはえています。なぜ毛ガニだけが...という理由は、まだ分かっていません。世の中には、まだ解明されていない謎がたくさんありますが、これにもきっと合理的に説明できる理由があるんでしょう。


人間のムダ毛の役割についてもかいておきましょう。


ワキ毛、すね毛、腕毛、アンダーヘアー...人間もよく考えると全身に毛が生えています。髪の毛はいいですが、後の毛は、ムダ以外の何ものでもないと考えている方も多いでしょう。なんおために、ムダ毛は、はえているのか...。


●体温維持機能
もともと一番重要な機能としてあったのが、体温維持機能です。他の動物と同じように、人間も裸で生活していましたからね。ただ、服やエアコンなんかがある今の人間には、あまり意味がありません。


ダイエットで体重が減ると、体毛が濃くなったりします。これは、体重が減ると体温がさがるので、保温のために体毛が濃くなっています。もうあまり必要のないものですが、機能はしているわけです。


●保護機能
皮膚を物理的接触から守るための機能ですね。頭、性器など大事な部分には、特にたくさん生えています。


脇なんかは、皮膚の摩擦がおこるとこ。ワキ毛が生えることで、摩擦を軽減させます。


●触覚機能
毛ガニの毛と同じような役割ですね。実際に触れる前に、感じることができます。


●毒素排出機能
体内の毒素は、便で外に出しますが、残った毒素は、毛で排出します。ます、毛の中に毒素を閉じ込めます。毛は、その内抜け落ちるので、体から毒素が排出されるわけです。


薬物疑惑の人が、頭髪検査をすることがありますが、髪の毛の中に入った毒素を調べているんですね。


ちなみに、鼻毛には、バイキン、花粉やホコリを防ぐ役割があります。鼻毛も不要だと抜いちゃう人がいますが、よくなさそうです。


石川のオススメ脱毛サロン

 

脱毛の基礎知識

 

石川コラム